留学するなら日本人が少ない学校を選ぼう

留学と一口にいっても短期から長期とずいぶん違います。
短期であれば観光気分+学校という感じで気軽に行けそうですが
年単位の留学と考えると少し構えるのではないでしょうか?
観光とは全く違い、そこで生活する。という感覚も身についてくるでしょう。
その際、掲題のようにできれば日本人が少ない学校を選んだほうが
のちのち溶け込むのに早く溶け込めるのです。
最初は不安なので、言葉の通じる日本人同士で固まりがちです。
日本人は一人で行動するのが苦手で、グループに助けを求めがちです。
それが間違っていたとしても、みんなでやっていれば大丈夫。という感覚を
海外でも引きずっている人が多いのが現状です。
周りからみると、なぜ日本人は固まっているんだろう。
わざわざこちらからアクション起こす必要もないし、ほっておこう。という感じなのです。
日本人が一人でもいると自分は群れたくなくても
相手がほっておいてくれないかもしれません。
何かと仲間のようについてこられてもつらい思いをするでしょう。
思い切って日本人がいない学校に行くことが最初の壁は高いですが
のちにあっというまに周りと溶け込め短期間で
なじむことができるはずです。